活動レポート ㈱でんきのサントップ代表取締役 石原政孝氏「倫理の実践を経営に生かす」 | 一般社団法人倫理研究所 熊本市倫理法人会 公式サイト

活動報告

活動レポート ㈱でんきのサントップ代表取締役 石原政孝氏「倫理の実践を経営に生かす」

DSC09754


平成29年8月22日(火)第1543回 経営者モーニングセミナーは、㈱でんきのサントップ代表取締役 玉名倫理法人会研修委員長の石原政孝氏をお迎えして「倫理の実践を経営に生かす」をテーマにご講話頂きました。

倫理の実践を経営に生かすとは沢山の方が課題・目標にされている事かと思いますがこれを実践されている石原講師
一体どのような取り組みをされているのかと会場の期待も高まる中、講話がスタートしました。

現在では研修委員長を務めている講師ですが倫理をはじめた当初はモーニングセミナーにあまり参加していなかったそうです。
しかしとあるキッカケを元に倫理の実践の凄さを感じそれからはモーニングセミナーへの参加をはじめ、倫理の勉強に実践に励む様になりました。

-学びのきっかけ-
モーニングセミナーに参加をはじめた石原講師は富士研にも参加する機会に恵まれ、そこで沢山の学びを得たそうです。
30年以上の社長業。人の言う事を聞かないワガママな自分の性格が、チームワークや感謝の心を学ぶことで素直で澄みきった心を得ることが出来たそうです。
それから翌年も富士研に参加しさらに心のあり方に磨きを掛け勉強を続けていらっしゃるそうです。

現在では社内に活力朝礼も導入し社員の皆さんにも学びを伝え良い会社作りを推進されているとの事でした。
学びを直ぐに活かすことの重要さ、そして直ぐに行動に移す事はこの富士研で得た学びがあったからこそではないでしょうか。

倫理への気づきは64歳
遅くに出会ったからには学びも行動も人の3倍行わないと行けないとおっしゃる石原講師のお顔は本当に澄みきった笑顔でした。
社員の皆さんを信じる心が何より大事と仰る講師のお話に「心の経営」のあり方を感じるとても素晴らしい講話となりました。

石原講師、素晴らしい学びをありがとうございました。

活動レポート一覧へ>

PAGE TOP